銀行に行くと窓口業務を行っている方の他にも、後方でPC操作をする行員が必ずいます。
行員の役割はお客様から預かった入金・出金・送金伝票のチェックや処理、電話応対、データ処理などが主な仕事です。
窓口業務に従事する事もあります。
銀行や証券会社で欠かす事の出来ない事務手続き、それを行うのが金融事務職員なのです。

金融事務の仕事内容

銀行に行くと窓口には女性職員が待機しており「いらっしゃいませ」と声を掛けてくれます。
これら職員の行っている仕事が金融事務。

主な仕事は窓口で通帳を預かり、預金の出金・入金・送金を作業を行うことや、新規口座の開設、小切手や手形の受付、処理、電話対応、来客者対応など多岐に渡ります。

特に銀行の窓口で仕事をする行員はその店舗の顔。
無愛想で乱暴な言動をするような人物は配置されません。
いつもにこやかに穏やかに顧客と接する、身なりもきちんと出来るそれも大切な仕事の一部です。

証券会社の場合、データ管理や電話応対、銀行への照合、書類作成、営業の補助などが主な業務になります。
金融商品を販売する仕事に従事することもあり、事務だけではなく営業的な仕事をする可能性がある事も頭に入れておきましょう。

画像出典元:https://keiei.co/houjin-netbanking-takai/

持っているといい資格

この仕事に就職・転職するために役立つ資格と言えば、まずPC関連の資格があげられます。
PC作業は絶対に外す事ができませんので、ワードやエクセルの基礎的知識をもっている証しとしてMOS資格は有利です。

さらに保険や証券などを販売する仕事を希望するのであればファイナンシャルプランナーの資格があると良いですね。

事務仕事をしながら外回りの営業もしたい方なら証券外務員の資格をもっておくと就職・転職時には有利かもしれませんが、必須ではありません。
専門性の高い仕事なので経験者の方が採用されやすい傾向です。

金融事務に向いている人

この仕事に適性のある方は、まず几帳面である事。
ちょっとした数字の見落としが大きなミスを招いてしまいます。
送金額が一桁違うだけでも大変な事になってしまいます。

しっかり書類を確認して適切に処理する能力が必要ですし、窓口業務では状況に応じた臨機応変な対処も要求されます。
マニュアルだけではない柔軟な対応が出来る方は、この仕事に向いていると言えます。

金融商品を販売する役割を負うケースもあるので、金融に関する知識を身につけようとする前向きな気持ちも必要です。