高齢化が進み医療ニーズが高まっている中、医師や看護師と同じく注目されているのが医療事務。
どこのクリニックや病院にも事務職員が配置され、レセプト業務や受付、電話応対、窓口対応などを行っています。

今後も高齢者が増え、それに伴って医療機関も増える事が見込まれるため将来性のある仕事です。
専門性がある上に座り仕事なので体力のない女性にとって魅力ある職業。
幅広い年代の女性に人気があります。

医療事務の仕事内容について

小さなクリニックや大規模総合病院に必ずいるのが受付の事務職員。
窓口業務全般を担当し、通院すると最初に会話をするのが医療事務職員になります。

来院した患者の受付はもちろん、電話対応や予約受付、会計計算、治療費の受けとり、処方箋発行、レセプト業務、苦情受付、掃除、雑務など様々な仕事をしています。

特に窓口業務は重要で、事務員は「クリニック(病院)の顔」となりますので、明るく爽やかな笑顔やしっかりとした言葉遣い、マナーが求められます。
電話対応も行う事が多いので、言葉遣いがしっかりしていないとクレームに繋がるので要注意。

小さなクリニックですと、患者から「タクシーを呼んでくれ」「家族に連絡を入れて欲しい」と要望され、連絡役を行わなければなりません。
雑用はしたくない、事務に専念したい方は大きな病院に勤務した方が無難でしょう。

持っているといい資格は?

医療事務には国家資格は存在せず、ユーキャンや日本医療事務協会、ニチイなどが主催する民間資格を取得する方法しかありません。
民間資格なので転職や就職にどこまで有利になるかは分かりませんが、資格をもっていないよりは採用されやすいかもしれません。

もちろん無資格でもPC操作が他の方に比べて上手、印象が良い、明るい雰囲気であるなどの理由で採用してもらえる可能性はあります。
例え一般事務でも事務員としてのキャリアがあれば有利でしょう。

医療事務職員として必要な適性

病院内で様々な仕事をするため、マニュアル通りに仕事が出来ればそれで良いという方ではなく、柔軟に対応できる方の方が適性があります。
患者が困っていれば一声掛けて手助けをする、車椅子を押すなどホスピタリティーも必要です。

レセプト業務は正確で素早い処理が求められます。
PCの操作を間違いなく行えるかどうかも重要です。
また医師や看護師、医療スタッフとの連携が必須なので、コミュニケーション能力も必要です。